読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤ―ったるジェ!

今まで読書を全くしてこなかった大学生が卒業までに本30冊読破目指す記録ブログ

2月読み終わった本①【18~21冊目】

こんにちは。最近は卒業旅行に行きまくっています。

一番最近だと石川県の金沢へいってきました。

兼六園やひがし茶屋街などの観光地で楽しみましたが、

一番良かったのは温泉ですね!ゆっくりすることができました。

 

 

今回は二月中に読んだ本を紹介していきます。

 

沈黙/遠藤周作【17冊目】

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

 ハリウッド映画化された影響で本屋においてあったので読んでみました。調べてみるとこの作品は50年前に書き下ろさせた小説なんですね。びっくりです。江戸時代の日本に潜入したポルトガルの宣教師が主人公の歴史小説歴史小説好きで宗教に興味がある人はすんなり読むことが出来る本です。

 

 

勉強の技術/児玉光雄【18冊目】

勉強の技術 (サイエンス・アイ新書)

勉強の技術 (サイエンス・アイ新書)

 

 いままで勉強などしてこなかった人間ですが、社会人からはしっかり勉強もしていこうと思いこの本を購入。文章だけではなくイラスト付きで解説してあるのでとても分かりやすかったです。ここに書かれてあった朝・夜のルーティンを今は実践しています。

 

 

パズル/山田悠介【20冊目】

パズル (角川文庫)

パズル (角川文庫)

 

 中学時代にクラスメイトに勧められて買ったけど、読むこともなく何年も部屋の片隅に置いてあった本です(笑)。初めての推理小説で難しようなイメージがありましたが、結構すんなりと読むことができました。内容は中学生向けかな?当時読んでいたらもっと楽しめたのかも。

 

 

風が強く吹いている/三浦しをん【21冊目】

風が強く吹いている (新潮文庫)

風が強く吹いている (新潮文庫)

 

 寮生10人が箱根駅伝を目指すお話。高校時代駅伝をやっていたためこの話は共感できる部分が多かったです。また努力する大切さなど改めて学ぶことができました。ただこれを読んで箱根駅伝を目指そうと思うのは辞めておいたほうがいいです。そんなに甘くはないですよ(笑)。

 

 

 

2月分はまだ続きます。。。