読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤ―ったるジェ!

今まで読書を全くしてこなかった大学生が卒業までに本30冊読破目指す記録ブログ

1月読み終わった本① 【10~13冊目】

読書 大学生

こんにちは!今回は1月中に読み終わった本を紹介していきます。

卒論で忙しかった割に結構冊数がいったので、二回に分けて紹介していきます!

 

 読み終わった本

人間失格/太宰治 【10冊目】

 

人間失格

人間失格

 

 昔から名前は知っていたが、難しそうで全く手を付けてこなかった作品。主人公と自分がリンクする部分も多く共感しながらも、読み終わった後はブルーな気持ちになってしまいました。ただ奥が深い作品なので時間を開けてからまた読みたいです。

 

自分を操る超集中力/メンタリストDaiGo 【11冊目】

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 集中が足りず、卒論が進まない状況から脱却するためのヒントになるんじゃないかと思い読んでみた本。自分が思っていた集中が間違っていたこと、簡単に集中力をつける方法など学ぶことができました。前もDaiGoさんの本を読んだがこの本もかなり読みやすく数分で読み終わりました。

 

 

コンビニ人間/村田紗耶香 【12冊目】

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 「コンビニ」という身近な題材であり、芥川賞でもあったので読んでみた本。主人公は一言でいうと「普通ではない」です。私みたいな変わり者は結構共感できる部分が多かったが、友達はこの本を読んだ感想が「気持ち悪い、理解できない作品」だったので人を選ぶ作品です。世間一般の普通に疑問を持ったことのある人にはおススメです。

 

人工知能は人間を超えるか/松尾豊 【13冊目】

 

 最近テレビや新聞などでよく人工知能の話を耳にしますが、人工知能そのもののことはあまり詳しくはなかったのでそのような部分を知ることができました。これからは人工知能の時代でもあるので他の本も読みたくなりました。

 

 

まとめ

読書にも慣れ始めたのか、以前よりも確実に読むスピードは上がってきました。一月は8冊も読むことが出来ました!ただ読解力は正直まだまだで小説などは苦戦しています(汗)

今回紹介できなかった4冊は次の記事で紹介します。