読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤ―ったるジェ!

今まで読書を全くしてこなかった大学生が卒業までに本30冊読破目指す記録ブログ

最近読み終わった本【6~9冊目】

ことしもそろそろ終わりですね・・・

私は実家のほうへ帰り家族と年を明けそうです・・・

 

実家に来てからはほぼ家の手伝いで忙しいですが合間を縫って読書や卒論をしています。

では、最近読み終わった本4冊を紹介します!

 

 

最近読み終わった本

夜は短し歩けよ乙女/森見 登美彦【6冊目】

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 2017年4月7日に劇場アニメで公開されることを知り読んでみました。以前森見さんの著作の「四畳半神話体系」を借りて読もうとしたことがあります。しかし、表現があまり好まず、以前はなんと数ページで読むのをやめてしまいましたが、今回は読破出来ました。やはり今回も正直読むのは苦痛でした。

あなたを変える52のルール/メンタリストDaiGo【7冊目】

 

あなたを変える52の心理ルール (中経の文庫)

あなたを変える52の心理ルール (中経の文庫)

 

 

 テレビではよく心理戦やババ抜きをしているメンタリストDaiGoさん。本もたくさん出していて今回は一番読みやすそうなものを選択しました。心理学に基づいた日常生活にすぐに使える行動習慣が52書いてある本です。

人はなぜ学ばなければならないのか/齋藤孝【8冊目】

 

 このタイトルのように「なんで学ぶことをしなければいけないの?」と小学生の頃から思っていました。この本には学ぶことの意義、学び方を知ることが出来ました。私のよう

な疑問を一度でも持ったことのある人は読んでおくべき本です。

 

聖の青春/大崎善生【9冊目】

 

 

聖の青春 (角川文庫)

聖の青春 (角川文庫)

 

 こちらは今映画でやっているという理由で読むことに。重い腎臓病の中、将棋に熱い情熱をもって名人を目指した棋士村山聖の29年の物語。村山さんの強さと優しさがリスクを背負った中でもプロのトップクラスで戦えていたのだと感心しました。また、この方は実在した人だったので、実際の生の対局を見てみたかったです。

まとめ

卒論が終わるまでは、今回のようにまとめて読んだ本を書いていく形式になってしまうと思います(卒論が終わらないので…)。残り三か月はもっと早いペースで本を読まないと目標達成できないので来年は計画的に読んでいきたいと思います!また来年もよろしくお願いします~