読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤ―ったるジェ!

今まで読書を全くしてこなかった大学生が卒業までに本30冊読破目指す記録ブログ

超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版【3冊目】

読書 大学生

卒論に追われもがき苦しんでいるヤ―ジェです(苦笑)

そんな中でも毎日数分ですが読書は続けています。

物事を習慣にするには66日かかるといわれているので、

少しずつでも続けて読書習慣を身につけたいですね!

 

 

今回は皆さん一度は名前を聞いたことはある哲学者「ニーチェ」の本を読みました。

 

超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版

超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版

 

 ニーチェという哲学者

f:id:t-hgy612:20161214122802j:plain

24歳にしてスイスのバーゼル大学教授となるが教職は10年ほどで、その後は病気治療のためにヨーロッパ各地を旅しながら独特の著述と思索をつづけた人物です。

ニーチェは反宗教でなぜ嫌ったかというと、宗教というのが神とかあの世とか無限性に道徳の尺度を求める態度を押し付けようとするからです。そうではなく、もっとこの世に生きている人に道徳が必要だニーチェは考えたそうです。よって、ニーチェの思想は生の哲学と呼ばれることとなりました。

 

ニーチェの言葉

この本は、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」や「力への意思」などの著書を簡潔にまとめた本です。この中で個人的に好きな言葉を3つとりあげます。

 

友人を求める前に自分自身を愛する

  出来るだけ多くの友人を欲しがり、知り合っただけで友人と認め、いつも誰か仲間と一緒にいないと落ち着かないのは、自分が危険な状態になっているという証明だ。

 本当の自分を探すために、誰かを求める。自分をもっと相手に知ってほしいから、友人を求める。漠然とした安心を求めて誰かに頼る。なぜ、そうなるか。孤独だからだ。なぜ、孤独なのか。自分自身を愛することが上手くいってないからだ。しかし、そういうインスタントな友人をいくら多く広く持ったとしても、孤独の傷は癒されず、自分を愛するようにはなれない。ごまかしにすぎないからだ。

 自分を本当に愛するためには、まず自分の力だけを使って何かに取り組まなければならない。自分の足で高みを目指して歩かなければならない。そこには苦痛があるしかしそれは、心の筋肉を鍛える苦痛なのだ。

ツァラトゥストラはかく語りき

 

心の生活習慣を変える

 毎日の小さな週間の繰り返しが、慢性的な病気をつくる。

 それと同じように、毎日の心の小さな習慣が、魂を病気にしたり、健康にしたりする。

 たとえば、日に十回自分の周囲の人々に冷たい言葉を浴びせているのならば、今日からは日に十回は周囲の人々を喜ばせるようにしようではないか。

 そうすると、自分の魂が治療させるばかりではなく、周囲の人々の心も状態も、確実に好転していくのだ。 

「曙光」

 

 考えは言葉の質と量で決まる

 ふだんわたしたちは、自分の考えや感情を心に思ったり、誰かに喋ったりしている。そのときに、自分の考えや言いたいことはだいたい表現できていると思っているばかりではなく、相手に対しても、全部とはいえないかもしれないが、まあほとんど伝わっているだろうと楽観的に思いがちだ。

 けれども、私たちはいつも自分が持ち合わせている言葉で考えを表現しているのだ。つまり、持ち合わせの言葉が貧しければ、表現も貧しくなってるし、考えや感情を本当は充分に表しているとは言えない。同時にまた、その言葉の質と量が自分の考えや心を決めている。後の少ない人は、考えも心の持ち方もがさつになるという具合にだ。

 だから、すぐれた人々との会話や読書、勉強によって言葉の質と量を増やすことは、自然と自分の考えや心を豊かにすることになるのだ。

「曙光」

  

まとめ

まず、難しく、頭が良い人しか理解できないのが哲学と思い込んでいたので、そうではないことが分かってよかったと思います。哲学に興味がでてきました。またこの本は自分の人生の教本でもいいかもと思いながら読んでました。そう思わせてくれるほど人生にプラスになることが書いてあります。読書をしない人もこの本は一度読んでもらいたいです。

 

 

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする/七月隆文【2冊目】

読書 大学生

 

 

今回は友達から借りて読んだ「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」という小説を読ましていただきました。

 

 

小説初心者にはベストな本

簡単で読みやすい小説はないかと友達に相談したら勧めてくれたのがこの本。この本はいわゆる恋愛小説で、彼女がいない僕に対して恋愛の良さを伝えたかったのかはわかりませんが、そのような意図があって友達はこれを勧めてくれたのだと思います。

 

またこの小説会話文がすごく多く、すらすらと読めます。小説を読むのも中学生の時の読書感想文以来で読破できるか心配でしたが、ほんの一時間くらいで読み切ることが出来ました。初心者にはすごくやさしい本です。

 

 

彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる

この見出しは借りた本の帯に書いてあった言葉です。ストーリーの序盤は普通のラブストーリー。ただ二人の会話がかみ合わない時があり違和感を感じました。その違和感は中盤の「彼女の理由」でわかります。これを知った後、また最初から読み返すと同じ物語とは思えないくらい違う感情で読むことが出来ます。この帯の通り、自然と二周目してしまう小説でした。

 

感じたこと

言ってしまうとこの二人が一緒にいられる時間は相当短いです。短いからこそ一緒にいられる時間をすごく大切にしているのが伝わってきました。これを自分に置き換えたときに、僕は周りの人との時間を疎かにしていないか、もっと周りの人との時間を大切にして生きていこう!と心に決めました。そして一番思ったことは、彼女ほしいーーーー!!

 

 

 

 

頭は「本の読み方」で磨かれる/茂木健一郎【1冊目】

大学生 読書

 

 

30冊卒業までに本を読む!と決めて数日。これから本を読んでいくのにどう読んでいけばいいか、どのような本を読んでいいかが全くわからない…とりあえず本屋へ…

そんな時に目に留まった本がこの頭は「本の読み方」で磨かれるでした

 

この本から本を読むメリット本の選び方本の読み方などを知ることを目的に読んでみることにしました

 

 

 

 本を読むメリットとは

それは、読んだ本の数だけ、高いところから世界が見えるということが書かれている

読んだ本の数だけ、足の下に本が積み重なっていくイメージです。一冊一冊積み重なっていくからこそ、より広い世界、より深い世界が見えるようになるのです。十冊読んだ人は、十冊分の高さから、百冊読んだ人は、百冊分の高さから、世界が見えるのです。(p19) 

 確かに、本をたくさん読んでいる教授や友達はいろんな知識を持っていて視野が広く世界を見ているなぁと会話をしていてよく感じます。

 

 

本を読むことで足場ができる

また読書量だけ増やすのではなく、読むジャンルも増やすことで足場ができ、頭がよくなるそうです。これを脳科学で表現すると、脳の側頭連合野(記憶・聴覚・視野)にデータが蓄積され経験をストックする機能を持ちます。つまり「本を読む」=「自分の経験を増やす」ことになります。

 

 

見えてくるものが変わる70冊

この本には70冊の本が紹介されています。「吾輩は猫である」の文学作品から「まんがタイム」など気軽に読める漫画雑誌も紹介されています。私がこの70冊から気になった本は

 

この3冊が気になったので読んでみようと思います!

 

 

 

この本を読んでもっとたくさん本を読みたいと思い、またたくさんのジャンルの本を読むことが大切なことがわかった。30冊達成するためのよい一冊になりました!

 

 

 

 

 

 

卒業まで30冊!

読書 大学生

只今、大学4年生。

就職先も決まり卒業まで約3ヵ月・・・

 

 

学生生活も残り数ヶ月で今までやってこなかったことをやろうと思い決めたのは、

「本をたくさん読もう!!」です。

 

 

高校までは部活に打ち込み、大学生活は人力車のアルバイトと割と充実した学生生活を送れたのではないかと思っています。

 

 

これから社会人になって、自分の時間が少なくなると思い、

今しかできないことは何かと考えた結果、いままでなかなかできなかった読書をやることにしました!

 

 

 

また、せっかく本を読むなら何か記録に残したいと思いブログを開設しました。

 

 

このブログでは、卒業までに30冊を目標に読んだ本の記録・感想等を書いていきたいと思います。

 

 

それでは、これからよろしくお願いします^^